全国交通安全運動

自転車安全利用五則&自転車思いやり五則

自転車安全利用五則

1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。 したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。

2. 車道は左側を通行

自転車は道路の左側に寄って通行しなければなりません。

3. 歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は 一時停止しなければなりません。

4. 安全ルールを守る

◆飲酒運転は禁止(自転車も飲酒運転は禁止)。
【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。
◆二人乗りは禁止(二人乗りをしてはいけません)。
【罰則】2万円以下の罰金又は科料。
◆並進は禁止「(並進可)のある場所以外では、並進禁止」。
【罰則】2万円以下の罰金又は科料。
◆夜間はライトを点灯(夜間は、前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつける。
【罰則】5万円以下の罰金。
◆信号を守る(信号を必ず守る)。
【罰則】3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金。
◆交差点での一時停止と安全確認(一時停止の標識を守り、狭い道から広い道に出るときは徐行)。
【罰則】3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

5. 子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、 乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

自転車安全利用五則 1
自転車安全利用五則1

自転車安全利用五則 2
自転車安全利用五則2

自転車思いやり五則

1. 車道では自転車にやさしさと思いやり

自転車に対して温かい思いやりの気持ちで保護しましょう。

2. 自転車の近くを通るときはゆっくりと

自転車のそばを通るときには、安全な速度で間隔をあけましょう。

3. 交差点では自転車の巻き込みに注意

交差点を通過するときには、安全確認を十分に行って自転車の巻き込みに気をつけましょう。

4. ドアを開けるときは自転車に注意

車のドアを開けるときには、自転車などがいないか十分に確認しましょう。

5. 自転車に危険を感じたらまず停止

自転車の行動をしっかりと確認し、危険と思ったら迷わずに停止しましょう。

自動車安全利用五則 1